X100T FUJIFILM 20160124

FUJIFILM X100T

 FUJIFILM X100Tのマクロモードにて。けっこう絞っているので、ISO1600で、シャッタースビードはギリギリ。やはり、こういうシチュエーションだと、手ぶれ補正があったらなおいいなと思うけど、それ以外は最高なカメラなので、搭載することで大きくなるなら、贅沢はいいませんが笑。しかし、このままいくと、全てのカメラが富士フィルムになっちゃいそうだな笑。

 昨日、投稿した「重さ問題」。ふと、ウルトラC的な解決方法を思いついて。カメラとレンズ以外で軽くしようと。例えば、普段、わりと持ち歩いているヘッドフォンは、ケーブル抜きで225グラム。これをiPhoneの純正のイヤフォンに戻せば、Pro2の懸念など吹っ飛びます笑。それと、先んじて、すでにMacBook Air(1Kg)を持ち歩かなくていいように、iPhoneに接続できるブルートゥースのワイヤレスキーボード(191グラム)を購入&仕事で使えるかチェック済み。
 なので、Pro2を持ち歩きたい日は、ヘッドフォンやマックを軽く、逆に、ヘッドフォンを持ち歩きたい日はX70でというように、総重量でコントロールすればいいかなと。ヘッドフォンとキーボードが必要ない日なら、400グラムは軽くなるからな。以下は、自分の備忘録のために追加して、再掲。下記を考慮すると、X-Pro2、十分にいけそうです笑。


<現状>
SONY α7sII + フォクトレンダー21mm = 1039g
SONY α7sII + 55mmF1.8   = 908g
SONY α7sII + フォクトレンダー35mm  = 827g
(VMはマウントアダプターの重さのぞく)

<入れ替え候補>
FUJIFILM X-Pro2 + 50mm  = 665g(682g)
FUJIFILM X-T1 + 50mm  = 610g(627g)
FUJIFILM X-T10 + 50mm  = 551g(568g)
OLYMPUS OM-D E-M5Mk2 + 50mm = 606g
(FUJIFILMの重さは「XF35mmF2 R WR」で括弧内が「XF35mmF1.4 R」のもの)

ちなみに、 XF23mmF1.4 R の場合は、これに130gを足せばいい感じ。
X-Pro2 + 35mm = 795g

<購入済み&購入確定コンデジ>
X100T   440g(テレコン足すと 620g)
X70    340g (ワイコンはたぶん100グラムちょいなら450gくらい)

<備品>
・MacBook Air 1Kg
・ワイヤレスキーボード 191g
・ヘッドフォン 225g

<組み合わせ例>
・MacBook Air + SONYα7sII + 50mm + フォクトレンダー 21mm = 2320g
(先日の出張の際の重さ、ここに充電ケーブルなども)
・MacBook Air + SONYα7sII + Voigtlander35mm = 1827g
(現状では軽めの組み合わせ)

・X-Pro2 + 50mm + ワイヤレスキーボード = 856g
・SONY α7sII + フォクトレンダー35mm  = 827g
・X-Pro2 + 35mm = 795g
・X70+ヘッドフォン+ワイヤレスキーボード = 775g
・X-Pro2 + 50mm  = 665g(682g)
・X100T + ワイヤレスキーボード = 631g
・X70 + ワイコン + ワイヤレスキーボード = 約550g
・X70 + ワイヤレスキーボード = 531g

こうやってみると、だいたいの法則としては

「カメラ、レンズ、ノートパソコン(Orワイヤレスキーボード)、ヘッドフォンの総合計が
800g程度に収まるようにする」

 というのを守ればいい感じですかね。多分・・・。これを忘れないようにしよう。特に出張の時。特に冬は洋服も重く、備品も増えるので、軽め意識で。

0

35mmFUJIFILM X100TVSCOcam食べ物・飲み物

Setagaya

承認制(名前だけ必須)