DSCF0453-2-2

FUJIFILM X-Pro2

 浅草、花やしき。FUJIFILM X-Pro2 にて撮影。Pro2で撮影の写真は本日、4枚目のアップ。フィルムシミュレーションで「クラシッククローム」を選択して、「グレイン・エフェクト」は有りで「弱」となっています。いや〜、X-Pro2、本当に気に入りました!まだ、使い始めて12時間も経っていませんが、以下、簡単なレビューです。結論を先にいうと、「X-Pro2は最高」で、ものすごく気に入った部分は、ぴたりと手に馴染むことと操作性と画質です。

<質感・操作性>
 手に馴染む感覚と操作性は、X70と共通する点です。絞りリングと、露出補正が物理ダイヤルで配置されていて、撮影前に確認できるし、撮影中も簡単、直感的に変更できる。しかも、絞りリングが、X100TやX70と違って、カメラ本体が大きいからかそこを支点にして力を加えやすいのか、一本の指で簡単に操作可能なので、X100TやX70にも増して、絞りは操作しやすい。あと、X-Pro2から装備された、オートフォーカスのポイントをダイレクトに選べるスティックも、大活躍。このスティック、操作しにくいなんてことはなく、わりと思った通りに動く。
 そして、絞り、露出補正、フォーカスポイント選択のスティック、それら全てがEVFを覗いている場合でも、操作しやすいです。この辺の物理的にほとんどを直接操作できる&事前に確認できるって点は、もうXシリーズ使っちゃうと、他に移れなくなっちゃうんじゃないかってくらいに便利。

<カスタマイズ性>
 これまでX100TやX70では、「Q」ボタンを押してからのカスタム設定がどうも直感的じゃないような気がして、その思想が分かりづらい気がしてたので、避けていました。しかし、今回は、「ACROSS」と「クラシッククローム」というフィルムシミュレーションの選択肢に加えて、「グレイン・エフェクト」の強弱もあり、さらに言えば、「ACROSS」に「スタンダード」か「Y」かという選択肢もあるので、それらをその都度、いちいちメニューから選ぶのはめんどうなので、いよいよカスタム登録にトライしてみた。カスタム1〜5くらいまでで、クラシッククロームとACROSSにそれぞれ、「グレイン・エフェクト」の有無を設定って感じです。カスタム登録を使い始めてみると、今まで「わかりづらい」と感じてやらなかったのは、単に「慣れ」の問題に過ぎなくて、やってみたらわりとすぐに活用できました。

<画質>
 画質ですが、これは論じるまでもない気がしていて。X70で本当に気に入ったので、X-Pro2が悪いわけがないとは思っていましたが、その通りでした。ただし、事前に見たネットのレビューなんかだと「高感度がやや苦手」的なのもありましたが、まだ、夜の撮影はしていないので、この辺はわからないです。ただ、ISO1600くらいまでがOKなら、自分の使い方なら十分かなと。
 そもそも、最近は細かい画質のことはまったく気にならなくなってきていて笑、それよりも、「味」とか「自分の好みに合っている」ってことのほうが大事だと思い始めていまして。
 その「味」や「好み」という点では、まったくの合格点、いやそれ以上かなと思っています。フィルムシミュレーションの「ACROSS」のモノクロームもいいですし、カラーのクラシッククロームも自分の好みです。「グレイン・エフェクト」については、有無を徹底的に比較したわけじゃありませんが、なんとなく、背面液晶で見る限りいい感じなので、有りの「弱」に設定して撮ることが多かったです(まだ12時間経っていませんが笑)。全てJPEGで撮っていますが、VSCOCamなどのアプリで加工しなくてもいいなと思える写真が多い気がします。撮影時にいろいろ選べば、そのままでもいいなと思える。
 以前は、強迫観念?のようにRawで撮っていましたが、その必要性が最近のXシリーズではない気がします。自分のような使い方だと。しかも、JPEGで撮ると、iPhoneにも転送しやすいので、結果的に「撮りだめしすぎて何もしなくなる現象」がなくなる笑。これ、自分にはすごく大事かなと。最近、ブログの更新が多いのも、iPhoneに転送できてすぐにFlickrにアップできるからだからな。

<レンズ(との重さって意味での相性)>
 レンズについてですが、前提として自分はヘルニアでヒドい腰痛という特殊事情、条件があります。その上で言うと、FUJINON XF35mmF2 R WRが最高です。軽いし小さいし、それでいて絞りリングも操作しやすいし。あまりに、FUJINON XF35mmF2 R WRが良すぎて、FUJINON XF23mmF1.4 Rも本来、良いレンズなんだろうけど、ちょっとスナップには重くて大きいと感じてしまった。ただし、腰痛が無い人なら、どっちも似たようなものかもしれません。
 とはいっても、私は23mmF2.0の登場を強く強く強く願いますね笑。本当にはやく出して欲しい。おそらく、FUJINON XF23mmF1.4 Rはちょっと重くて、稼働率が下がりそう。FUJIFILMさん、ぜひとも、お願いします笑!絶対に、そっこー、購入します。

<気になった点>
 気になった点といえば、若干、EVFで覗いた時の明るさが背面液晶に比べ明るすぎる気がしました。EVFと背面液晶にややずれがあるかなと。一応、メニューの設定で変更可能なので少し暗めに変えましたが、この辺はもうしばらく使ってみないと、なんともいえません。メニューからのEVFの明るさの調整もなんだか、効いているのかどうか、いまいちわかりづらく。とはいっても、自分にとってこれは大した問題じゃありません。(注:私はEVFには昔からそれほど細かいスペック求めない派なので、もしEVFの状況を重視する方なら購入前に一度店頭などで背面液晶との差をチェックしたほうがいいかと思います)
 (追加)背面液晶について。ここのところ、X70をずっと使っていて背面液晶が動くことに慣れていたので、X-Pro2を使っていると、「あ、そうか、液晶動かないのか」と感じることは何度かありました。自分のように散歩しながら撮影するような使い方だと、液晶が動くと嬉しいことは嬉しいなあと。まあ、それで本体が大きく重くなるなら、難しいところですが。

<結論>
 上記の気になる点というのも、自分にとっては大した問題じゃないという感じでした。X70に続き、「素晴らしいカメラだ!」という感情がすごく強いです。なんだろう、画質だけじゃなくて、トータルですごく愛着がわくカメラというか。
 というわけで、個人的な1日目の結論は「FUJIFILM X-Pro2は最高のカメラ!」です。下記に、本日アップしましたX-Pro2で撮影した写真を再掲しておきます。この投稿の一番上の写真と下の三枚の4枚は全て撮影したまんまです。VSCOCamなどで加工もしていません。X-Pro2で撮影した他の写真を見たい方は【こちら】からどうぞ。

 

DSCF0141-2

FUJIFILM X-Pro2

 
 

DSCF0276-2

FUJIFILM X-Pro2

 
 

DSCF0385-2

FUJIFILM X-Pro2


 

3+

50mmFUJIFILM X-Pro2FUJINON XF35mmF2 R WR街・道

Fujifilm X-Pro2 Review

承認制(名前だけ必須)