DSCF1037-2

(追記:たぶん、retinaも非retinaも対応となったバージョンを表示中)
 原宿にて。FUJIFILM X70 撮影。昨日、ディスプレイごとの表示のされかたについて触れましたが、VSCOCamで加工してしまうと、その時点でファイルサイズが小さくなるからか、retinaで見るとVSCOCamを通さない場合に比べてちょっと荒く感じるな。retinaで写真を楽しむ予定がある人は、iPhoneでのVSCOCamは補助的に使うのに止めておいたほうがいいかも。そもそも、VSCOCam以前にFUJIFILMのアプリを使ってiPhoneに転送した時点でファイル容量が小さくなってそうだけど、あきらかに、その後にVSCOCamで加工した場合のほうがファイル容量が小さい感じがある。今度は、SDカード経由でiMacに転送してからアップしたものと比較してみようかな。(あまりいじってないから、わからないけど、モバイル版のLightRoomで加工した場合、このへんはどうなんだろうか!?イメージだけど、VSCOCamよりは勝手にファイルサイズを小さくするようなことはしなさそうだけど)
 といっても、SDカードからiMacに直接転送したほうがファイル容量が大きいからretinaで見ると綺麗と分かっても、WiFiでiPhoneに転送するフローは、ほんとに便利で、そのおかげでブログ更新頻度もあがるから、そのフローを変えることはないと思うけど。ちなみに、昨日、retinaと非retinaの両方でベストに表示させるのは難しいけど、一応、それに近い解決策を考えついた。ところが、その解決策は縦写真には当てはまらないという苦笑。ほんとに悩ましいな。
 当ブログのカメラやレンズの機種ごとの投稿を見たい場合は、こちらの 【カテゴリ】 をご覧ください。ツイッターアカウントはこちらです。主に更新の告知などしています。

1+

28mmFUJIFILM X70VSCOcam街・道

Harajuku

承認制(名前だけ必須)