Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

FUJIFILM GFX 50S FilmSimulation【PRO Neg.Std】

 
 

Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

FUJIFILM GFX 50S FilmSimulation【Classic Chrome】

 林家三平みたいなポーズをしている我が家の猫、めいちゃんをFujifilm GFX 50Sで撮影。フィルムシミュレーションを変えて撮影して比較してみた。上が【PRO Neg.Std】で、下が【クラシッククローム】です。JPEGで撮影して、LightRoomでは露出だけ同量を明るく補正しただけであとはいじってません。こうやって比較してみると、一目瞭然ですね。猫はPRO Neg.Stdで撮影した方が、毛の質感がしっかりでますね。やわらかく優しい雰囲気。一方、クラシッククロームは毛の黒い部分の質感があまり出ていないというか。顔の周りもちょっと黒ずんで見える。
 街中歩く時はクラシッククロームがほとんどだけど、最近は、場面によっては、フィルムシミュレーションを変えている。特に子供を撮る時なんかは、PRO Neg.Std選択が多い。人だけじゃなくて、猫(しかも女性)もPRO Neg.Stdの方がいいのかな笑。一方で、こういう写真じゃなくて、めいちゃんを正面から撮影した写真なんかは、その時の光の状態によってはクラシッククロームのほうが雰囲気が出るような気がする。確か、このめいちゃんの写真がクラシッククロームだったような気がする。これからも、積極的にフィルムシミュレーションを場面ごとに変えていこう。時々、戻し忘れることがあったりするけど笑。
 このブログ内のFujifilm GFX 50Sで撮影した写真はこちらからご覧になれます。このブログのツイッターアカウントはこちらです。主に更新の告知などしています。

2+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WRめいちゃん

Setagaya

承認制(名前だけ必須)