Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

FUJIFILM GFX 50S FilmSimulation【PRO Neg.Std】

 
 

Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

FUJIFILM GFX 50S FilmSimulation【Classic Chrome】

 林家三平みたいなポーズをしている我が家の猫、めいちゃんをFujifilm GFX 50Sで撮影。フィルムシミュレーションを変えて撮影して比較してみた。上が【PRO Neg.Std】で、下が【クラシッククローム】です。JPEGで撮影して、LightRoomでは露出だけ同量を明るく補正しただけであとはいじってません。こうやって比較してみると、一目瞭然ですね。猫はPRO Neg.Stdで撮影した方が、毛の質感がしっかりでますね。やわらかく優しい雰囲気。一方、クラシッククロームは毛の黒い部分の質感があまり出ていないというか。顔の周りもちょっと黒ずんで見える。
 街中歩く時はクラシッククロームがほとんどだけど、最近は、場面によっては、フィルムシミュレーションを変えている。特に子供を撮る時なんかは、PRO Neg.Std選択が多い。人だけじゃなくて、猫(しかも女性)もPRO Neg.Stdの方がいいのかな笑。一方で、こういう写真じゃなくて、めいちゃんを正面から撮影した写真なんかは、その時の光の状態によってはクラシッククロームのほうが雰囲気が出るような気がする。確か、このめいちゃんの写真がクラシッククロームだったような気がする。これからも、積極的にフィルムシミュレーションを場面ごとに変えていこう。時々、戻し忘れることがあったりするけど笑。
 このブログ内のFujifilm GFX 50Sで撮影した写真はこちらからご覧になれます。このブログのツイッターアカウントはこちらです。主に更新の告知などしています。

2+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WRめいちゃん

Setagaya

Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

 我が家のめいちゃん。さすが、中判5000万画素機、目やにまでくっきりです笑。Fujifilm GFX 50Sではめいちゃんばっかり撮ってるなあ。それくらい、まだ、外に持ち出せていないってことか。いや、めいちゃんがかわいいからだな。目やにを拡大して細部まで見たい方は笑、写真をクリックしてFlickrに移動してくださいませ。Flickrに移動後、写真の右下の下向きの矢印アイコンをクリックすると「View aii sizes」と表示されますのでそこから「Original」を選択してください。当ブログのカメラやレンズの機種ごとの投稿を見たい場合は、こちらの 【カテゴリ】 をご覧ください。このブログのツイッターアカウントはこちらです。主に更新の告知などしています。

2+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WRめいちゃん

Setagaya

Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

 我が家のめいちゃんを、Fujifilm GFX 50Sで撮影。私の中では、わけもなく家の中でも持ち歩いて、なんでもいいから撮りたくなるというカメラは良いカメラ。気に入ったカメラ。よって、Fujifilm GFX 50Sは大変気にっているわけでありまして、それゆえに、めいちゃんの写真が多くなるわけです笑。当ブログのカメラやレンズの機種ごとの投稿を見たい場合は、こちらの 【カテゴリ】 をご覧ください。

2+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WRめいちゃん

Setagaya

FUJIFILM GFX 50S GF63mmF2.8 R WR

 先日アップした、FUJIFILM GFX 50Sで撮影した写真の最初の投稿、我が家の猫めいちゃんの別カット。めいちゃんは人間で言えばおばあさんだけど、長生きしてほしいなあ。こういう写真をアップで見ると、抜けている歯があることがわかるけど、これは若い頃から。当ブログのカメラやレンズの機種ごとの投稿を見たい場合は、こちらの 【カテゴリ】 をご覧ください。

2+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WRめいちゃん

Setagaya

FUJIFILM GFX 50S GF63mmF2.8 R WR

「このおっさん、何また、バカな機材の入れ替えしてんだろ。懲りないねえ」と、猫のめいちゃんも思っているかはわかりませんが笑、やってしまいました。手元にはFujifilm GFX 50S が。「お前には中判カメラなんていらないだろ!」というツッコミは一切なしでお願いします笑。
 やっぱり、「中判ミラーレス」というこれまでにないジャンルというだけで、もう、気持ちが動かずにいられなかった笑。発表以来、ずっと気になっていたんだけど、先日の人間ドックが終わった帰り道、たまたまヨドバシカメラがあったので、そこで実機を触っちゃったら、「思ったより小さ!」って感激してしまったのです笑。その後、いろいろ重さを計算してみたら、以前に日常的に使っていた「キヤノン EOS 6DとLレンズの50mmF1.2」の組み合わせよりも軽いことが判明。「だったら、いいかな〜」なんて思ってしまったのです。

  昨日の夕方手に入れて、4〜5枚撮影したら電池がなくなってしまったので、まだ、全然使えていません。今朝自宅でほんの数枚撮影しただけですが、握った感じは素晴らしくてシャッター音は好きなタイプのやつですね。各種操作は全然迷いません。私はフォーカスエリアを必ず移動させる派なのですが、ジョイスティックが今までのフジの機種に比べて、ボディの大きさと形状により親指の位置が自然と配置されるからか、素早く直感的に操作しやすい気がします。結果的にタッチパネルでの選択よりも早い気がして、液晶タッチでエリア選択はほとんどせずジョイスティックを多用しています。オートフォーカスは最新のフルサイズやAPSにくらべたらもっさり感はあるのかもしれませんが、顔認識や瞳認識がある時点で、マニュアルフォーカス主体で数ヶ月過ごした身からすると、新鮮です笑。詳しいレビューは後日に。上の猫のメイちゃんはJPEGそのまんまです。下の靴の写真は非圧縮のRAWで撮影して現像。

 

FUJIFILM GFX 50S GF63mmF2.8 R WR

 

 今日から、ゆっくりアップしていこうと思います。その際にも「お前の腕にはオーバースペック」「これ、中判である必要なくね?」ってツッコミはご容赦くださいませ笑。なぜかというと、自分でも購入前から、本当に必要かをつきつめていけば、あれだよねと思っていたくらいなので笑。でも、そんなこと言い出したらカメラの趣味全般がつきつめていけば、そもそも必要かってことになるしね。って、誰に言い訳しているんだろうか笑。ちなみに、お高いカメラなのでいろいろな機材とサヨナラしてしまいましたが、どれももう一度使いたいと思うカメラばかりで不満はなかったので、何を売却したかは内緒ってことで笑。やっぱり、なんやかんや言っても、富士フイルムのカメラって好きだなって感じることが多いので、オールフジ体制にしようかな笑。桜の季節が楽しみだ。

 当ブログのカメラやレンズの機種ごとの投稿を見たい場合は、こちらの 【カテゴリ】 をご覧ください。このブログのツイッターアカウントはこちらです。主に更新の告知などしています。また、ログインもIDもいらずクリックするだけで反応しますので、下のハート形のお気に入りボタンのクリックもよろしければお願いいたします。

5+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WRめいちゃん

Setagaya