FUJIFILM GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

 長い戦いが終わった・・・と思ったら!あ、仕事じゃないです。仕事は今日くらいまで、きっついです。何かというと、1月7日から2ヶ月半も続けてきた、クラウド上の保存サービス、アマゾンドライブへの写真データのアップです。一度、失敗して、やり直してようやく昨日の夜、すべてのファイルのアップが終了。
 ところが!なんと、ブラウザ上でアマゾンドライブのページをみてもファイルが一つも表示されない。6TBのデータがアップされていることは容量からみてもどうもそうらしいのですが、どのページでも一つのファイル名も表示されないんです。今日は仕事が佳境なので、このことを考えると頭がクラクラしそうなので笑、なるべく意識の片隅においやろうとはしていますが、すごく不安です苦笑。今の私の顔は写真のゴミ箱のように青ざめているかもしれません笑。2ヶ月半かけてもうまくいかないって苦笑。ただもしかしたら、大量にアップしたので、まだうまく処理できていない!?よくフェイスブックなんかに動画をアップするとすぐには見られない感じかなと、勝手にポジティブに解釈。なにしろ、6TBだからな。
 もし、そうじゃなくて、しばらくたっても一つのファイルも提示されないようでしたら、この場でまた報告するとともに、「絶対にアマゾンドライブは利用しないほうがいいですよ」と告知したいと思います笑。なにしろ、2ヶ月半もハードディスクを動かし続けたことを思うと、ハードディスクの不具合を心配して始めたバックアップの作業そのものが、ハードディスクの故障の原因になるんじゃないかと思うからな笑。それにしても、写真のデータの保存はほんとに悩ましいな。その割に、もうすぐ、ハードディスクがいっぱいになりそうなタイミングで、FUJIFILM GFX 50S購入したりしちゃっているし笑。

2+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WR街・道

Daikanyama

Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

 Fujifilm GFX 50Sで撮影。これって、繁殖して困っている外来種の花でしたっけ!?ところで、今日も早朝から、仕事がぱつんぱつんなんですが、そんな中でも悩ましいのが、カメラの問題。というのも、今の、仕事の締め切りが終わった瞬間に、勤続ほにゃらら年のリフレッシュ休暇的なのを取得して、国内の離島に遊びに行こうかと。そこで、迷うのが、Fujifilm GFX 50S で行くか、それとも、X100Fを購入して、X70との二台体制で行くか。なぜ、迷うかというと、泳げないにしても、なにかと塩水に親しむような場所とか、体験型の楽しみ方が多いっぽいんです。今までも、泳げないけど海っぽい観光地に何度も行ってきましたが、事前にリサーチしても「思ったよりカメラで楽しめる」かどうかって、私みたいな家族連れだけど適当にスナップする派だと、よくわからないんですよね。行ってみて初めて、「今回はけっこうカメラ出す機会多かったな〜」とか「せっかく持ってきたけど、出さなかったなあ」とかわかる。多分、ガイドブックとか観光情報とは、視点が違うんですよね笑。逆にガチで装備して風景写真撮るなら事前にわかることもあるんでしょうけど。この悩みって、毎度、かなり大きいんですが、私だけですかね。
 となると、Fujifilm GFX 50Sをあまりバッグの外に出さないけど、持ち歩くというのは、重たいしもったいないかなあと。だとしたら、軽量バージョンで・・・なんて思うのですが、一方で、どっちにしろX100Fでも海辺で出さないなら、Fujifilm GFX 50Sでもいいしなあ〜なんて、メビウスの輪のような堂々巡りを頭の中で続けている笑。しかし、もし、X100Fを購入するならあと数日以内に決めないとな。いっそのこと、買ってから考えるか笑!?なにしろ、どっちにしろ、いつかは購入するはずだからな。

6+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WR花・植物

Setagaya

FUJIFILM GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

 三連休最終日。しかし、今日もがっつり仕事。X100Fが非常に欲しいんだけど、ここはぐっとこらえて、LeicaM10のために、予算を残しておくか。。。迷うところです。いっそのこと、FUJIFILM GFX 50Sに加えて、X70とX100Fの三台にして、オールフジ体制にしようかというプランもある(もしかしたら、そこにX-T2とか加えて)。迷うなあ。

5+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WR街・道

Daikanyama

Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

FUJIFILM GFX 50S FilmSimulation【PRO Neg.Std】

 
 

Fujifilm GFX 50S FUJINON GF63MMF2.8 R WR

FUJIFILM GFX 50S FilmSimulation【Classic Chrome】

 林家三平みたいなポーズをしている我が家の猫、めいちゃんをFujifilm GFX 50Sで撮影。フィルムシミュレーションを変えて撮影して比較してみた。上が【PRO Neg.Std】で、下が【クラシッククローム】です。JPEGで撮影して、LightRoomでは露出だけ同量を明るく補正しただけであとはいじってません。こうやって比較してみると、一目瞭然ですね。猫はPRO Neg.Stdで撮影した方が、毛の質感がしっかりでますね。やわらかく優しい雰囲気。一方、クラシッククロームは毛の黒い部分の質感があまり出ていないというか。顔の周りもちょっと黒ずんで見える。
 街中歩く時はクラシッククロームがほとんどだけど、最近は、場面によっては、フィルムシミュレーションを変えている。特に子供を撮る時なんかは、PRO Neg.Std選択が多い。人だけじゃなくて、猫(しかも女性)もPRO Neg.Stdの方がいいのかな笑。一方で、こういう写真じゃなくて、めいちゃんを正面から撮影した写真なんかは、その時の光の状態によってはクラシッククロームのほうが雰囲気が出るような気がする。確か、このめいちゃんの写真がクラシッククロームだったような気がする。これからも、積極的にフィルムシミュレーションを場面ごとに変えていこう。時々、戻し忘れることがあったりするけど笑。
 このブログ内のFujifilm GFX 50Sで撮影した写真はこちらからご覧になれます。このブログのツイッターアカウントはこちらです。主に更新の告知などしています。

2+

50mmFujifilm GFX 50SFUJINON GF63mmF2.8 R WRめいちゃん

Setagaya