Fujifilm X-T2

 ここのところ、毎日、子供の夏休みの宿題を見ているのだけれども、小学校低学年だと、なかなかスムーズにスケジュール通りにはやってくれない。見てるこちらも、まあまあ、ストレスがたまる笑。
 最近、同世代の人たちとよく話すのが、「自分の子供の頃は、父親が宿題に関わるなんてなかったよね」ということ。自分の父親も、宿題なんて一切関わってこなかった。そう思うと、確実に世の中は進化しているんだろうな。(父親は宿題はおろか、子育て全体にあまり関わったいなかったと思う)
 それどころか、自分の場合は母親もあまり細かく言ってこないタイプで、宿題も完全なる放置だった。小学校6年間で実質的にはほぼ一度も夏休みの宿題を満足に出さなかったんじゃないかって気がする苦笑。毎年、夏休み明けは「廊下に立ってろ!」って感じで、往復ビンタとかよく先生にされていた。
 昔は小学校低学年でも、体罰バリバリありましたよね苦笑。よく、ほっぺたにビンタされた跡をつけて家に帰ってたから、母親が心配そうに「どうしたの?」って表情をしていたのを覚えている。あと、たまに耳をぐいぐい引っ張られて、「こっちこい!」的に怒られたこともあったけど、あんなの今やったら、ニュースになるよな笑。
 おっと、話が体罰に脱線していったけど、昨今の父親は子育てとか宿題とかに深く関わるようになったし、小学校の先生は体罰をしなくなったし、30年くらいで確実に世の中は変化、進化しているんだろうな。
 ちなみに、自分が小学生の宿題を「実質的」に出さなかった、と書いたのは、宿題にそこはかとなく何か書いてあるために偽装するために、薄〜〜〜い鉛筆で、ぐちゃぐちゃって何か文字のようなものを提出前の数分で一気に書いて、それらしく見せようとしたこともあったから笑。形式的にはやったようにと笑。もちろん、あまりにバレバレの偽装だから、そっこー、「廊下に立っておれ!」って感じだったけど。
(そういえば、以前、東京で育った同世代の人にこの手の話をしたら「廊下に立たせるなんて、漫画だけの世界かと思っていた」と言ってきたことがあったから、30年くらい前でも東京はすでに進んでいたのかな。自分の小学校の風景の記憶の少なくない割合は廊下な気がするけど笑。)
 そう思うと、自分の子供は宿題をやってくれるだけでも、ありがたいと思わないとな笑。今も、目の前で自由研究の作成に勤しんでいるけど。
 写真は雨季のプーケットで、FUJIFILM X-T2で撮影。

3+

35mmFujifilm X-T2FUJINON XF23mmF2 R WRプーケット

Phuket

Fujifilm X-T2

 
 プーケットにて。FUJIFILM X-T2で撮影。プーケットから帰国後、最初にアップした夕焼けの写真が、フリッカーの公式のExploreってところで紹介されたこともあって、フリッカーでお気に入りしてくれる人と、コメントしてくれる人の数が、どんどん増えている。これまでも何回かExploreで紹介してもらったことがあるけど、その時に比べてもかなり多い数に。

6+

35mmFujifilm X-T2FUJINON XF23mmF2 R WRプーケット

Phuket

Fujifilm X-T2

 リフレッシュどころか、ぐったりと疲れた今回のタイ旅行。このグラスを撮った時くらいまでは、まだ、元気だった。ちょっとかわいそうなのが、下の子がまだ、嘔吐しちゃうこと。家族4人のうち、男性二人が嘔吐の症状になったてことになる。子供は元気いっぱいで走り回っていて、食べた後に時々吐くという感じ。自覚症状がなさそうなので、脱水症状には気をつけてあげないとな。

3+

35mmFujifilm X-T2FUJINON XF23mmF2 R WRプーケット

Phuket

FUJIFILM X-T2

 旅行から帰ってきました!X-T2でタイのプーケットで夕日を撮影。雨季なのに想像以上に雨に降られず、良い天気だった。JPEGでフィルムシミュレーションはビビッドで。ほんのちょっとだけ、LightRoomで修正。
 しかし、全体的には、予想通りあまり写真を撮るタイミングが少ない旅だった。やはり、レンタカーなしでタクシーでホテルとショッピングモールを行き来するような家族との旅ではそもそもカメラを出す機会が減ってしまう。
 それに加えて、実は・・・この夕焼けの写真を撮っているときもまさしくそうなのですが、後半、体調を劇的に崩して、気持ち悪くて。この写真撮った後、10数年ぶりくらいに、本格的に嘔吐してしまった。
 ま、そんなにこと細かに報告する必要もないと思いますが苦笑、嘔吐ってこんなに体力を奪うのか!とびっくりするくらい打撃があった。気持ち悪さそのものよりも、嘔吐により体力奪われた感じ。その瞬間は視界がブラックアウトして、SF映画に出てくるような電撃銃?で撃たれたようなショックが(撃たれた経験はありませんが笑)、後頭部と腕全体に走った。しかも、吐いた瞬間の体制が悪かったのか、腰痛まで併発してしまい。。。
 そう思うと、写真ってやっぱり素晴らしいなと。なぜかというと、この夕日を見ているときは、ふらふらすぎて、とても美しさを堪能する気持ちじゃなかったのですが、今、こうして日本に戻ってきて、Retinaディスプレイで見ていると、「ああ、綺麗だなあ」と感じることができるから笑。
 あまりに辛くて、ベッドから出るのも嫌で撮ろうか迷ったけど、這い出て撮っておいて良かった笑。その他の旅での感想やX-T2について思ったことやプーケットの写真など、しばらくは旅の投稿続くと思います。
 当ブログは高解像度で表示される設定にしてあります。15インチ以上のRetinaディスプレイなどでの閲覧がオススメです。Retinaなどではないディスプレイで見ると、むしろモヤッとした状態になります。その場合は写真をクリックしてFlickrのほうでみてください。カメラやレンズの機種ごとの投稿を見たい場合は、こちらの 【カテゴリ】 をご覧ください。
 よろしければ、ログインも各種SNSのIDも一切いらずクリックするだけですので、左下のハートのいいね!ボタンもクリックお願いいたします。

7+

35mmFujifilm X-T2FUJINON XF23mmF2 R WRプーケット

Phuket